検査設備



超音波診断装置(Aplio 500)
通常の超音波検査に加え、超音波3D表示、Fly Through法(血管・管腔内視鏡表示)、エラストグラフィ等も出来ます。

尿流量測定装置
排尿の勢いやパターを計測し、結果を無線でコンピュータに転送出来ます。

頸動脈内中膜厚(IMT)自動測定装置
頸動脈内中膜肥厚をコンピュータが自動的に計測します。

動脈硬化検査装置
CAVI、ABI、TBIの測定から動脈硬化の程度や血管閉塞状態を評価出来ます。

骨粗鬆症検査装置
骨密度の状態を超音波を用いて簡単に測定し、骨粗鬆症のスクリーニングを行います。

体液量測定装置
体水分、筋肉、脂肪、ミネラル等を計測し、身長体重から計算するBMIによる肥満度評価だけでなく、体成分の比率から健康状態(虚弱や肥満の程度を含めて)を評価出来ます。

自律神経バランス分析装置
心拍の変動を測定し、自律神経(交感神経・副交感神経)機能のバランスを評価します。


戻る